こんばんは~

大阪府堺市美原区にある
まごころ介護 さくら です。

うちではいつも一緒に働く仲間を
募集させていただいておりますゆえ、
ちょっと言いにくいことなのですが
介護職には厳しい現実もあります。

そのため仕事に行きたくないなどの
不満が噴出してしまい、

なかなか朝起き上がることができなかったり
自然と涙が出ることだってあります。

それはそれで仕方のないことです。

人間には生存本能が備わってるので
誰でもそんな状態になる可能性があります。

重要なのはなぜ行きたくないと
思っているのか?です。

もし介護職に興味関心がないのであれば
それは苦痛でしかないと思うので
違う職種を探したほうがいいです。

介護ヘルパーは全国的に不足してるので
猫の手も借りたいくらいなのですが、
向いていないと思う人に
無理矢理おまかせすることはできません。

ただ、本当に興味関心が全くないのなら
わざわざ介護の世界に足を
踏み入れるでしょうか?

少なくとも関心が多少あったから
始められたのではないでしょうか?

とすると、行きたくない原因は
仕事内容以外にあるのかもしれない。

介護は現場だけでなく、
職場の人間関係も問題視されることが
多い業界でもあります。

まごころ介護さくらはそれを危機と感じ、
従業員を大切にすることを
大きな柱のひとつにしています。

大阪府限定となってしまいますが
もしいま働いている職場に
何か不満があるのであれば
いろいろご相談に乗りますよ^^

うちで働いてもらうかはまた別の話です。
来てくれたらもちろん嬉しいですが(笑)

週に一日だけ働きたい、
1日に一時間だけ仕事したい。

60歳超えてるけどまだまだ現役やで~
そんな思いのある方お待ちしています。

勤務地は堺市、松原市、狭山市、
羽曳野市、富田林で訪問介護、
自宅介護をお探しのヘルパーさん、
求人、お仕事、募集しております。

一緒に働くお仲間さんお待ちしています。
(求人部より)

株式会社さくら
まごころ介護さくら

電話番号 072-369-0303
住所 〒587-0065
大阪府堺市美原区小寺63-1
電話受付時間
月~土9:00~18:00(日祝除く】

~編集後記~

皆さん元気ですか?

今日は、どうすれば簡単に楽しく
上達する事が出来るかについて
書いていきたいと思います。

上達の一番の近道は、
経験を積むことです。

ただここにも罠がございまして、
楽しむために上達したいのに、
上達するためにストイックに
なり過ぎて辛くなる

本末転倒ですね(笑)

学生時代を思い出してください。

勉強が得意な人が居たと思います。

同じ学校、同じクラス、
同じ先生に習っているのに
学力に違いが出る。

その正体は、学力が伸びる人の特徴は
「勉強が楽しい」「楽しい」が
キーワードになります。

な~んだってなるでしょう(笑)

でも、もう少し踏み込んでみましょう。

先ほどの上達のところで話したのですが、
「楽しんでるからこそ上達する」のが
正しいあり方ですが、

「上達のために楽しもう」とすると
先ほどの本末転倒になってしまいます。

じゃあ、嫌いなものを
楽しめるようになれるの?

別の方面から見てみましょう。

今まで「好きになったこと」
「楽しんできたこと」共通する事柄は?
って聞かれると答えは何ですか?

おそらく「関心がある事」だと思うのです。

人は感心を寄せた大きさだけ比例して
能力を開花(上達)させて行きます。

ここで解るのが、
ポジティブに関心を寄せれば
ポジティブをとらえるスキルが、
ネガティブなものに関心を寄せれば
ネガティブなものをとらえる
スキルが上がっていく。

ここでもう一度、学生自分を思い出そう。

勉強が得意だったあの子はこう考えた。

「自分の知識が向上していくのは
嬉しいことだ。勉強は、
自分を向上させる大切なものだ。」

そうやって「勉強の楽しめる部分」に
関心を寄せていた。

でも、
私みたいに勉強が苦手な人はこう考えた。
(あくまでも例なので)

「何のために
勉強させられてるのかわからない。
もっと、他の事をしていたいのに。

勉強は、
自分を拘束するやっかいなものだ。」

そうやって「勉強のイヤな部分」に
関心を寄せていた。

同じ場所で、同じ時間に、
同じ教科書で、
同じ先生に習っていたのにね。

「とらえ方の違い」がふたりの成績という
結果を「異なるもの」にしいったんです。

これを昨日のブログに書いた
「幸せ」に置き換えなおしてみると、
「幸せな人」は、「よいと思うこと」に
関心を寄せている。

「不幸な人」は、
何が「よいこと」なのかを
考えずに無関心でいるんだ。

または、人の失態をわざ笑ったり、
「自分が勝つこと(敗者をつくること)」に
喜びを感じたり、「あいつが悪い」
「ここが悪い」「自分が悪い」と
「悪いと思うこと」に関心を寄せている。

「悪いと思うこと」に
関心を寄せているのが習慣化されれば、

「悪いと思うこと」をとらえる能力が
向上して行くのは当然ではないでしょうか?

自分が最善と思って
過ごして決断してきたことが、
実は自分を「不幸に導く能力」を磨いて
上達している可能性があるのです。
(怖ぇ~~~)

誰に矯正される事なく
「悪いと思うこと」に
関心を寄せているんです。

それがその人にとっての
「良いと思うこと」なんです。
(本当に怖ぇ~~~)

自分のことを「幸せだ」と
思う人は「幸せ」だ。

自分の事を「不幸だ」と思う人は、
「不幸」だ。

まさに、「思いどうりの人生」を
自分で引き寄せてるんです。

人は、
自分が関心をもったものを引き寄せる。
当たり前の話ですね。

アメリカで「ナポレオン・ヒル」って方が
いらして、この方は何をしたかと言うと
当時のアメリカの大富豪と
そうでない人の違いを探して本にした人です。

その本の題名が
「思考は現実化する」なんです。

高校生の時に読んだのですが、
最初は何も持たずに空が飛べたり、
手からビーム何か出せるようになるかと
思っていたのですが、
こんなことを話したかったのですね。

当時は全く意味不明でした。
その理由が、経験が無さ過ぎて
自分の持ってる価値観では、
計り知れなかったからです。

何かを比べるのにも
最低対象になるものがいるのです。

でも、対象になるものが無いと
比べようがないのです。

リンゴがどんな味かなんて
食べた事が無いと理解出来ないのです。

だから経験がいるのです。
そのために関心がいるのです。

「好きこそ物の上手なれ」
昔の方は上手に表現したんですね。

時間だけは、静かに確実に進んで行きます。

自分に問いてください。

どんな人になりたいの?
自分にとって幸せとは?
答えが出たら勝手に動きたくなります。

それが間違いでも良いのです、
チャレンジすることに
人生の醍醐味が詰まってると思います。

もし失敗したら
「成功に一歩近づいた」で、
まだ興味があるなら
また考えてチャレンジです。

疲れたら保留で休みましょう、
気が向いたらまた同じ質問を
「自分にとって幸せとは?」
答えは自分の中にしか無いです。

誰も教えてあげることは出来ません。

アナタが心豊かに
幸せが増すことを願っています。

何時もありがとう、感謝しています。